FC2ブログ

<さん さん せぶんでいず>へようこそ♪ 漫画の感想もどき、日常の事などをポツポツと語ってみたり…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全版のベスト盤を!

まだまだ語るぞ水谷豊さん話!

私は水谷さんのCDを2枚持っているのですが(前回の記事画像参考)、それは「ザ・水谷豊」「水谷豊ベストコレクション」のタイトルで、どちらもベスト盤として編集されているものです。
しかも、どちらも15曲ずつ収録されているのですが、その内の10曲までも同じ曲が収録されているものです。
つまりは2枚で20曲種聴けるとゆう訳ですね。
それはともかくとして、何で2枚とも購入したかと言いますと、私が水谷さんを初めて見たドラマ「気分は名探偵」の主題歌を聴きたかったから、なのでした。
でも私はその主題歌のタイトルを覚えていなかったのです。
ドラマの内容だってほとんど覚えてなどいない状態だったのです。
でも主題歌だけは、一部の歌詞(英語だったのだと思う)を除いてメロディも覚えていて、妙にお気に入りの歌だったのです。
なので、水谷さんのベスト盤CDを発見した時は『主演ドラマの主題歌だったのだから、収録されている可能性は高いのでは』と思い、購入を決めたのでした。

…なのに、なのに、なのに!
よもやどちらにも収録されていないとわ!!↓↓OTL↓↓

何故なの~!? 主題歌なのだし勿体ぶらんと収録してくれればいいじゃんか~!!

それから数年後になってから、ようやく歌のタイトルを知る事ができました。
「人魚の誘惑」とゆうタイトルでした。
平日の昼間に昔のドラマを連日続けて放送をする枠があるのですが、その枠で「気分は名探偵」を再放送してくれたので、もう一度観る事ができたのです。

すごく懐かしかったです。けどタイトルがそんなロマンチック?なのだとは想像してなかったよ。
ちょっと哀愁を帯びたメロディだったかと思ってたのだけど、でも歌詞からはそんな雰囲気を感じなくもないかなぁ? う~ん?

この曲はシングルレコードで発売はされていたみたいです。
“レコード”とゆう時点で手に入れるのは至難そう、そして手に入れたとしてもプレーヤーを持ってないと“聴く”のも至難なのですよねぇ…。
すでにCDに収録されている曲も、かつてはシングルレコードで発売されていたもので、それらのB面に収録されていた曲とゆうのもあったはずで、でもB面の曲はベスト盤CDには収録されていないみたいなのですよね。

ならば「人魚の誘惑」はモチロン、それらB面曲も含めた完全完璧ベスト盤CDとゆうのを発売してはくれまいか。
もう2枚組とかにしちゃってくれて良いですから(ってかそうでないと納まらないだろうし)。
確か比較的近年でも、何かのドラマで水谷さんが歌っていたような気がするのですけど、それも含めて!

とにかくも「人魚の誘惑」を1曲完全に聴いてみたいです。歌詞も知りたい。
英語の歌詞のところ、英語苦手なので未だにちゃんと聞き取れなくて判らなかったりもしてるのさ~orz <馬鹿
スポンサーサイト

お宝発掘

とりとめもなく語っているので文章に脈絡が無いかと思いますが、前回から引き続き水谷豊さんに関する事で、まだまだ語ってゆきますよ。

もう数年前の事なのですが、当時勤めていた会社で倉庫の大片付けをしていた時の事です。
そこで私は思いがけない宝物を発見してしまいました!

sikisi
   何と、水谷さんの直筆サイン色紙です!!
   一応コレ本物だそうですよ。
   ただし、相当に古いシロモノですけれどね。
   (ちなみに一緒に写ってるのは私物のCDです。)



かれこれ27年程前に、某商品の販売キャンペーンの為に会社にお越しいただいたのだとかで、当時の社員の方が水谷さんと一緒に写っているスナップなんかもありました。
(もう水谷さんが若い若い。少なくとも今の私の歳よりも確実に若い頃ですよ…↓
私が水谷さんのファンだとゆうのはすでに周知の事だったので、『欲しいのだったら貰って行っても良い』と上司がアッサリ許可してくれました。
そんな訳で、ついでに別所で埋もれていた古びた額縁と一緒にありがたくいただいて参りました次第で。

世間的にはさほど価値のあるモノでは無いでしょうけれど、自分にとっては充分にお宝物ですから大事に持っておくですよ!
(ちなみに普段は押入れの中の本棚の横に 飾 っ て ますよ?)


―まだまだ次回にも続いちゃうんだな。

もう○×年以上恋しています

木曜日の「笑っていいとも!」では“芸能人の本名を当てる”とゆうミニゲームコーナーがあるようで、要は芸能人の名前がそのまま本名であるか、もしくは芸名であるのか、のどちらかを言い当てれば良いだけのゲームのようなのですが、何気に見ていたら採り上げられた5名の俳優さんらの中に水谷豊さんのパネルも飾られていました。
俳優さんらはどなたも御歳が50代以上の方々で、“(往年の)青春ドラマの主人公”とゆう事で採り上げられたようです。
水谷さん主演で“青春ドラマ”とゆうと、「熱中時代シリーズ」あたりになるのでしょうか、昔の作品すぎてさすがに観たことが無いので断言できないのだけれども。

私の水谷さんとの出会いは、もうかれこれ○×年前、「気分は名探偵」というTVドラマでした。
当時の私はシャーロックホームズを夢中になって読んでいた子供でしたので、 “探偵” というキーワードに引っ掛かってドラマを見ようという気持ちになったのでした。
そのドラマで水谷さんは主人公の探偵役を演じておられ、そのキャラクターに惚れて以来、私は水谷さんを追いかけるようになりました。
追いかけるとは言っても、水谷さんが出演している番組ならば、とりあえず可能な限りで観るようにしているくらいのものです。
でもそのおかげで今現在放送中の「相棒」もpre season(土曜ワイド劇場)の第1作目から観続ける事ができていました。

これまで私の観た水谷さんが演じてこられたキャラクターのイメージとしては、“気さくで情の深い人で周りに人が集まってくる”ような役どころが多かったように思うのですが、それがそのまま水谷さん御本人のイメージにも繋がっていたような気がします。
でも現在の“杉下右京”役はこれまでに演じた事の無いイメージのキャラなのですよね。
なにせ“偏屈で慇懃無礼で天才すぎて周囲から疎まれてしまう人”ですものね。
これまでのイメージと正反対のようなキャラではあるけれど、この役を水谷さんが演じる事で“杉下右京”とゆう個性的なキャラを、よりインパクトのあるキャラクターに仕立てているのだと思うのです。

そして、よもや英国紳士風の装いがあれほど似合うだなんて!
品のある物腰で、紅茶を淹れる仕草もとてもサマになっていらっしゃいますわ。
新たな魅力が加わって、益々水谷さんのファンになりましたv
これからもずっと追いかけて行きますから!

…まだまだ語り切れてないのですが、長くなるので今回はとりあえずこれまでで。

あ、そうそう。水谷さんのお名前は、そのまま本名なのですって。
(そうではないかと根拠も無く思ってはいましたが)
字面的にも響き的にも良いお名前ですよね~。

お鼻が赤いと困ります

今日(25日)は久々に友人と休日が被ったので、午後から一緒にお出掛けしてました。
新しくできた百円ショップで買物したり、カラオケしたり、映画観たり、31アイス食べたり、中古ショップ巡りしたり、とことん遊び倒してきました。
それでもシンデレラタイム前には帰宅しましたけれどね~。<そもそも零時過ぎまで営業している遊びスポットなぞ無かったりもしますが。

テンパって遊んだは良いのですが、夕方にもなるとはめっきり寒くなってきて、うっかりまた鼻風邪をひいてしまいました↓
おまけに藁焼きしている煙のせいで、カラオケ後の喉が更にいがいがしてくるわで、鼻水ズルズルの喉ケホケホ咳き込みしつつでぶらついておりました。
一度お手洗いで鏡を見たのですが、案の定鼻が真っ赤になっていて酷い事に…↓

帰宅後は、特にお腹空いてるでもないのにガッツリとご飯(夕飯の残り物のお粥&餃子)を食べ、風邪薬を飲み、鼻にオロナインH軟膏を塗りたくった上にマスクを掛け、今に至る。
これで一晩眠れば明日には何とか鼻の赤いのも回復している…ハズ。(つーか、さっさと寝ろって)

私はこんな風によく鼻かぜをひきやすい性質なので、ポケットティッシュはちょっぴり贅沢(貧乏人にとっては)にローションティシュー等も常備していたりします。
今回は普通のティッシュしか持ち歩いていなかったけれど、仕事場ではなるべく欠かさないようにしている。
やっぱり柔らかさがあると使っていて安心する気がするんですよね。
それでもしょっちゅう鼻をかんでるようだと、鼻が赤くなっちゃうのは免れないのだけれども。
最近は色んなタイプのティッシュがあるようで、お鼻がスース―するものなんかもあるので、色々と試してみたいなぁ~。

ミニ版画展

チビクロパーティのお知らせハガキには四季イベントの他に、IYA店にて「ダヤンのミニ版画展」を開催するとのお知らせがありました。
通常では販売しないイベント限定グッズも販売するとのこと。
こんな田舎のお店では、そんなイレギュラーなイベントなんてやってくれないのじゃないかと思っていたですよ。
え~、どんなグッズ用意してくれるんだろう?
開催期間は9/29(金)~10/8(日)で、ちょうど29日がお休みだったのでいそいそと出掛けてしまいました。

IYA店はファンシーな生活雑貨やキャラクターグッズ等を扱う雑貨屋さんで、わちグッズもその中の一角にあります。
普段わちグッズを配置している棚の一面を利用して版画やグッズが並べられていました。
“ミニ版画展”と言っているだけに、版画そのものの数は僅かに6種類のみ。
数も少ないし、HPのネットショップでも見た事のあるイラストだったけれど、せっかくなのでつらつらと観ておきましたよ。

それから期待のイベント限定グッズ。
主に“EVエンジェルダヤン”シリーズの食器や手提げバッグ等の商品が並べられていました。
う~ん、カワイイけど、カワイイのだけれど、可愛らしすぎてちょっと幼稚っぽいイラストなのよねぇこれは(あくまで私の主観ですが)。
お色も淡いピンクのとブルーのとで2種類あるのだけれど、これがベビー用の服やグッズに描かれているのだったら良さげなのじゃないかと。
他にも同じ“エンジェル”モノでも、別バージョンのも置いてあって、金と銀の線で描かれているシリーズのは好みなモノでした。
でもこれらのグッズはヤフオクでもすでに度々見かけてしまっていたので、何だか目新しさを感じる事ができなかったなぁ。
こんな風に、小さいながらもイベントをやってくれるのはありがたい事なのですけれどねぇ。
《本当ならもっと感謝の気持ちを示さないとだろうのに、何だか不遜な感じじゃないか自分。ごめんなさいです、感謝してるんです。今後ももっと限定グッズ販売とかのイベントやって欲しいです。お願いします~っ》

せっかくなので、限定グッズので何か購入しようかと、コップを金銀ペアで揃えようかなとさんざん悩んだあげく、結局は通常販売されているグッズを購入してきてしまった。
だって、例え限定モノでなくとも欲しいグッズはいっぱいあるのよ~。
お買物額に合わせて貰える景品が用意されていて、今までの四季イベント等で配っていた景品が色々と揃えられていました。
その中から今回のチビクロパーティ景品のもう1種、キャラマグネットをいただいてきました。
版画を購入された方には、景品を沢山詰め合わせていただけるようでしたが、このイベントで版画を購入された方っていたのかなぁ。
一番小さい品物でも3万円台するものだなんて、私には買えないよ~。

061001_1021~001.jpg

  スタンプフィギュアの元になっているイラストです。
  押すと、ぷにっとします。
  侮れない磁力を発揮しています。
  冷蔵庫に飾るのが良さげなカンジ?
  《でも私は開封しないけど。<お約束》


Chibikuro Party

ネタとして遅くなっちゃったけれど、わちの四季イベントチビクロパーティの景品をupしてみました。

061001_1016~001.jpg
 右がチップ(ダヤンの影)で左はジタン。
 どちらも楽器を弾いているのが“芸術の秋”の時期としてイイカンジv
 ジタン側には小さなカード?が入っているのでちょっと見辛いかも。
 



イベント期間はわちHPの公式としては9/15(金)~25(月)となっているのですが、お店によっては違うところもあるので、イベント通知ハガキが届くまでそわそわしながら待ってしまった。
ハガキをくれるとしたら(前回に近場のお店が撤退してしまったので)市外にあるお店(以下IYA店とする)しかないのですが、そのお店から15日に漸く届いたのでホッとしたですよ。
実は『もしや顧客リストから外されてしまっていて、もう送ってくれないのでは?』なんてな心配までしてしまっていたので。
だってイベント通知ハガキだって、立派にコレクションアイテムなんですもん、貰えなくなってしまうと悲しいのです~。 《そう思っているわちファンは多いはずだ。》
今後も顧客リストから外されないように、お買物はなるべくネットショップではなくて、IYA店での購入に務めなくっちゃだなぁ。
ただIYA店でも品切れor見入荷なんかで購入できない場合は、やっぱりネット通販に頼るしかない時もあるのだろうけれどね~。

相棒season5 第2話

さて今夜は「相棒 5」第2話『スウィートホーム』
ネタバレ入れつつプチ感想。





伊丹刑事ステキすぎv 何ですかあの歌は~。
いつものように薫ちゃんにイヤミを言うつもりで、一旦顔を見合わせたのかと思ったら、よもや歌い出すとわ。
最初見てた時は聞き逃したフレーズもあったので、録画終了後にわざわざまた確認しちゃったじゃないですか。

面白かったので以下にそのフレーズを。
『幽霊屋敷買っちゃった~♪ 身の程知らずにバチ当たる~♪』
『新婚早々祟られる~♪』
2行目のが三浦刑事でさりげに追従しているのがまた良いv
でオチが、呑気に笑ってたのを薫ちゃんに(軽く)殴られてしまった、芹沢刑事の『叩かれる~』とくるし。
もう流石ね、トリオ・ザ・捜一v

お話としては、ホラーちっくな設定でありつつも、そんな心霊現象など起こりうるハズもないと心得て見ているので、逆にコミカルな雰囲気も感じてしまえる内容だったかと。
薫ちゃんの驚きぶりも笑いを誘ったし、右京さんも幽霊を見てみたいと言いつつも、しっかり現実的物理的に捜査・推理しているのが、らしくて笑えてしまう。
しかし屋敷に潜入したのは、姉妹なんだろうなとスナオに思って見てたら違ってたなぁ。
カフェでのシーンがやけに長いなぁとは思っていたけれど、しっかり彼も事件関係者でしたか。
姉妹の仲が悪かったとも分かって意外でしたよ、そうかそうくるか。
事件的には単純なものだったと思うけれど、私なぞは推理部分なんかは軽く浅く見ているので、結構楽しめました。

そしてドラマラストでは、またも伊丹刑事が魅せてくれましたv
薫ちゃんに言ったセリフ『大事なのは家じゃない、家族だ。』
右京さんの仰るとおり、とても含蓄のあるお言葉でしたね。
伊丹刑事は着々と株を上げているなぁ。

うさ?

以前からも話題になっていたようなのですが、TV番組でもチラッと見かけたのでついネタとしてupしてみた。

うさうさ「右脳左脳占い」とかゆうやつ。

試してみたら私は「うさ」に当たるようです。
特徴としては「個性的・負けず嫌い」とか挙げられていました。
う~ん、そうなのかな?

実は「うう」にも当てはまりそうだとちょっと思っている。
どっちの特徴もちょっとずつありそうなんだよね。
それに腕の組み方も、本当は咄嗟だとどっちが上下になるかハッキリしないとこもあるし。
少しでも意識して組もうとすると交差に躊躇するんですよね。
一応どちらの組み方も試してみて、より落着いた体制だと感じる方で「うさ」としてみたのですが。
そもそも腕が短いので、腕を組む体制は長く保たないとゆうか落着かないとゆうか…。
《同じく、足も短いので足を組むのは苦手です…OTL》
オチないまま終わる…。

具体的な質問 2

デジールDXにて再録連載されていた、私的大プッシュ漫画「哀愁のダッシュマン」が、Vol.15(現在発売中)で最終回を迎えました。
コミックス未収録分の掲載となるVol.11から雑誌を購入し続け、アンケートハガキも欠かさず送り続けていましたが、5冊目となる今回のアンケートで気になる項目がありました。

それは、『コミックス化を希望する作品又は作家名があれば、教えてください。』とゆうもの。

えっ? 今までそんな質問は無かった(ので、私は感想を書く欄などに要望を記入していたものでした)のに、何で? 何の影響でですか?
ダッシュマンへの(コミックス化の要望などの)反響が多々あったからじゃないですか?
なんて勝手に期待しちゃっていいですか~っ?
《いえそりゃ他の作家さんの作品へのファンコールもあったとも思いますが》

ともかくも、「哀愁のダッシュマン」 と記入して投函しました。

すぐにコミックス化の運びとならずとも、せめて別冊雑誌として特別編集号なんて出してくれないかなぁ。
そうすれば再録掲載ではモノクロだったカラーページの再録も多数(できれば全部)望めそうだし。
雪山ロケ編の巻頭での“門松みたいにつっ立っている安田くん”を、是非カラーでもう一度拝みたいものです(再録では白黒だったけれど、これは本来カラーであったはず)。

最終回の大団円に満足しつつも、連載が終わってしまってちょっぴり寂しくもありますが、次号では未読であった安田くん主役の番外編も掲載される事ですし、まだまだお楽しみが残ってくれているのが嬉しい。
無論またアンケートハガキも出すのさー、後日談としての番外編を新たに執筆してくれないかなぁなんても、密かに望んでいるもので。
書くだけ書いてお願いしちゃうわ~。

この作品の紹介としてはコチラの過去記事へどうぞ。

具体的な質問

10月4日に発売された週間少年サンデー44号の大懸賞アンケートで、
『あたなが少年サンデーに過去、掲載された作品でもう一度続きを読みたいと思う作品がありましたら作品名を具体的にお書きください。』
とゆう具体的な質問がある。
との情報を、8日(日)の夜に某巨大掲示板で拾いました。

その情報が投下されたのは7日(土)の夜だったようですが、何しろその日は某刑事ドラマのオフィシャルガイドブックがAmazonから届いたものだから、ずっと夜中まで読み耽ってて珍しくネットにアクセスしてなかったのようッ。
…なもので、情報に気付くのに遅れを取ってしまったですよ。
以前(コナン人気投票結果発表掲載号探し)のように奔走しても、もう間に合わないかも~?
とヒヤリとしましたが、翌日(9日)に最近近場にできた書店に行ったらまだ4・5冊程積んでいてくれたので無事にGETしました。ホッ。

何でそんな事でこんな大袈裟に語っているかとゆうと、このブログのフリースペースの欄をお読みになれば簡単に察しがつく事と思いますが、ええまぁそうなんです。

その質問に「道士郎でござる」と是非答えたいからです。

これに乗らない手は無いじゃないですか、希望はまだ消えちゃいないのですもん!
ちなみにハガキは今さっきようやく記入し終えました(遅)。
いいのよ、締め切りは18日でまだ間に合うから、明日投函するのさ。
景品だって別に当たらなくってもいいんだ、ただこの想いが編集部に届いてくれたなら。
ずっと待ってるから是非続編を叶えて欲しいな~。

ついでに聞かれてもいない事も記入しておきました。
『長年のコナンファンですが、そろそろ黒の組織と決着して最終回が見たいです。』
最近は、私はもうコナンファンだと自称してはいけないのではないか、と思ってしまいます。
まだファンだと言っても許されるでしょうか…。

至高の頂へ

「相棒」に気を捕らわれるあまりに、うっかり見逃すところでした。
今日(11日)は「SASUKE」の放送もあるのじゃないですか!
この特番も大好きなんです、いつも必ず見てるんですよ。
けれど放送時間がPM6:55~9:48までって、まるっきり「相棒」を被ってるじゃないですかッ。
さてどうしようかと考えて、「相棒」は録画継続決定しているドラマですので、先ずは「SASUKE」をリアルタイムで見た後で、ちょうど録画の終了した「相棒」を観るとゆう事で解決しました。
しかし約5時間TVに釘付け状態、オマケに現在PC画面を見ているとさすがに目がショボショボとしてきます。

今回の「SASUKE」は7年ぶりに完全制覇者誕生とゆう事で、第1ステージ~第4ステージへと進む間にも次々と脱落者の出る中、一体誰が制覇を成し遂げてくれるのだろうと終始目が離せませんでした。

見てて一番楽しいのって第1ステージで、職業別予選突破メンバーとか色んな面子の方々が頑張って魅せてくれて面白かったですね。
オールスターズメンバーの皆さんは、もう安心して見ていられる実力ぶりで魅せてくれたし。
第2・3ステージだと、もう実力者揃いのメンバーだけで、クリアできるはずだと思える人なのに思わぬ所で脱落してしまうと、あああぁッと叫びながら地団太踏んでしまいます、本当に惜しい。
それぞれの得手不得手も見えてきて、はらはらどきどきと見守ってしまう。

そんなこんなで最終ファイナリストは、新星19歳の少年(あう名前ド忘れしたッ)とオールスターズの長野誠さん。
これまでも幾度となく最終ステージに挑戦してこられた長野さんが、頂上へと到達されました。
本当におめでとうございます! そして感動をありがとう!

来年のSASUKEでは、今回は残念だった少年や他のオールスターズメンバーの制覇する姿が見れると良いなぁ。

シーズン5 放送開始!

オフィシャルガイドブック相棒 オフィシャルガイドブック相棒
(2006/10)
扶桑社
この商品の詳細を見る


TVドラマ「相棒」のシーズン5がいよいよ放送開始です!
これからまた毎週楽しみな水曜日vがやってくるのですね♪ (すでに某週間少年漫画雑誌なぞはそっちのけ)

過去にもTVガイド雑誌や刑事マガジンなどでも、特集を組んでくれていた事はあったようなのだけれど、本当に「相棒」のみのガイド本を作ってくれたらなぁと前々から思っていたのでしたが、この度めでたく発売となり嬉しい限り。
シーズン5の放送前に読めたので、これで予習はバッチリです!

放送開始は本日10月11日(水)PM8:00~(2時間スペシャル)
第1話タイトルは「杉下右京 最初の事件」

―――見逃しちゃいけない!!

このガイドブックについても含めて「相棒」ネタの記事は今後もやってしまうかと。

Jitan’s Birthday

jitan

10月10日はジタンの誕生日v とゆう訳でお祝いを♪





もう漫画のキャラクターの誕生日を祝うのと同じノリですが、せっかくカテゴリーも作ってあるのだし、わちネタは今後もちょくちょく取り上げていかなきゃ勿体無いわ。
まぁそんなセコイ考えを抜きにしても、ジタンは物語ではメインキャラで人気もピカ一ですし、私もモチロン大好きなキャラなのでお祝いしたいのですよ。

そんなジタンの誕生日の時期なのに、特に公式のイベントが無い(一部で独自に開催しているお店もあるようではありますが)とゆうのも寂しい気がするのですが、そんなしょっちゅうイベントを催してくれても、こちらの予算が追いつかない(四季のイベントのようにグッズの購入金額によって景品を貰えるとゆう類ならば)ので、まぁ個人でお祝いして勝手に盛り上がっておくだけでも良しとしておかなくては。
先月だってチビクロパーティーのイベントがあったばかりですしね、その際も景品をGETしてきましたさ。
時期逃しちゃったけれど近い内にその関連記事もUPしたいと思っています。

ちなみに上の画像は私の部屋におりますジタンのぬいぐるみです。
一匹では寂しいかもなので、調子付いてついでにお仲間?も写しちゃいましたw
nuigurumi
 お部屋バトンの頃(正確にはもっと以前からですが)から 放置 飾っているです…。
 ちなみに位置はテレビの上なんだな。



…さて、ぼちぼちと?

永らく更新を滞らせていましたが、ちゃんと生きてはいました。
…なんてベタに生存報告からご挨拶を。

10月です。もうですね。
こんなに長くブログを放置するつもりも止めるつもりもなかったのですが、なんだかずるずると手を付けられずに過ごしてしまいました。
全く更新していなくとも訪れてくださる方が極少ながらいらっしゃり、いつの間にやらカウントが千を超えていたりしていてビックリです。
千を踏んでくださった方、どなたかは存じませんがありがとうございました。
イラストも小説も何も才能のない管理人ですので、これといったお礼を形にしてお返しなどできませんが、とにかくも感謝の言葉を。(通りすがりの迷い人さんでしたらお伝えできずに残念ではありますが)
それから、いろんなキーワードの検索で迷い込んで来られた方、リンクしてくださっている数少ないサイト様から飛んでこられた方、何より日参のようにマメにチェックしてくださっていたであろう友人に、こんな過疎った僻地ブログにでも訪れてくださった事に感謝しております。

それからお詫びもしておかなくていけませんね。
こんなブログでもリンクを貼ってくださっているサイト様、更新無しの本当にダメブログにしてしまっていて申し訳ありません。
気にかけてくれていた友人には音信不通にしてしまっていて本当にごめんなさいでした。(メールまで怠っていてごめん)

もうこのブログを気にかけてくださっている方は皆無に近いかもしれないですが、これからはまたポツポツと更新をしていきたいなと思っています。
放置期間中も色々とネタができて、いずれブログにUPするつもりで撮っていた写メなんかもずいぶんと溜まってきているのですが、どうにも記事として纏められずにいるのでネタとして旬の時期を逃しまくってからの事になるでしょうが、まぁぼちぼちとで。

あんまり長々と書くのではなくて、2・3行だけなんてでも毎日更新している人って実はちょっとスゴイなぁなんて思っています。
更に長文なのに毎日更新している人なんて尊敬の念を覚えます。
私には到底できないとは思いますが、本当の一言だけでもなるべく更新はマメにしていけたらなと思っています。
開設当初の密かな目標である、来年の3月いっぱいまでは続けて行きたいとゆうのが目標です。(低い目標ながら自分なりの理由はあったりする)
もう充分にダメダメぶりを晒してしまったので、どれだけアテにできるかは分かりません、次回訪れた際に未更新状態のままでしたらもう見限ってやって下さい。
私はきっと地獄の底にさらに穴を掘って埋まっている事でしょう。

それではご縁がありましたら、いずれまたー。

インフォメーション
★ ☆ ★ オススメ通販 ★ ☆ ★

yotuba mini 四葉天使
 designer : Ato

アクセスはコチラからどうぞ♪

現在は、クローバー柄、うさぎ柄、黒猫柄と3種のイラストそれぞれのグッズが色々と作られております♪
それぞれに味のある作品ですので是非見てみてください♪
コチラ⇒四葉天使

インディーズブランドを取り扱っている
「ドロップショッピング デザインストア」にて販売されております。
他のアーティストさんの作品を眺めるのも楽しいですよ。
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ねこのて時計
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
プロフィール

ナコ

Author:ナコ
[生息地]
  北国のリンゴ特産地
[誕生日花の花言葉]
  いじめないで
[座右の銘]
  笑う門には福きたる
 ( 裏 : 笑って流せ )

RSSフィード
オバケちゃん
迷い人さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。