FC2ブログ

<さん さん せぶんでいず>へようこそ♪ 漫画の感想もどき、日常の事などをポツポツと語ってみたり…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の必需品

今年は暖冬だったせいかあまり使う機会が少なかったのだけれども、冬といえば毛糸の帽子とマフラーは欠かせません。
そんな訳でここ数年愛用しているわちふぃーるどのコンビグッズをご紹介。

bousi&mafura「ニットクロッシェ チャコールG」
「1999 AUTUMN&WINTER」号に掲載。

「のどかニットマフラー」
「2000 AUTUMN&WINTER」号に掲載。
長さ1650mm×幅200mm(フサ含まず)。
手編みの為か巾が丸まり易いのだけれど、それも味だよね。


マフラーはベージュ・モカ・こげ茶の3色のストライプになっていて、クロッシェともよく合う美味しそうな色合いで、同じシリーズのものではないけれど、元からお揃いみたい(と1人で悦に入りつつ)にして着用しています。
それにしても本当にこの冬は暖かくて、今日も良く晴れていて雪なんか積もってないんですよ、もう出番は無いかなぁ。でも仕舞い込む前に1度ソフ○ンで手洗いしておかなくちゃだわ。洗う時って縮んでしまわないかビクビクするのだけれどね~。
スポンサーサイト

袋も福なのです。

今更消化ネタその1。

せっかく友人から画像を貰っていたのに、upするのが遅くなってしまったですよ、今何月なんだよ…↓

fukubukuro07はい、今年のわちふぃーるどの福袋であります。

アパレル系の1万円の福袋を購入したそうです。
中身も教えて貰ったけれど、品物はナイショにしておきますね。
でもトータルすると3倍位になる内容だったようですよ。
お得ですねぇ~v


毎年争奪戦となる福袋ですが、私はまだ1度も参戦できた事がありません。でも昨今はすぐにヤフオクに出品(転売…)されるので、微妙な気持ちになりつつもチェックしてしまいます。それで何を気にして見ているかとゆうと、福袋のそのものだったりします。

今年はこちらの画像と同じ、“茶色地に絵柄部分がオレンジ色”のものと、“黒地に絵柄部分がブルー色”のものと2種類だけしか見受けられました。これまでだと袋の色は3~4種類位は用意されていたのだけれどなぁ、今年って2種類だけなのかな?

袋の形としては過去にクッションカバー(座布団カバー)等も作られていたのですが、今年は巾着タイプでしたね。
巾着タイプの方が後で有効に使えそうですが、私はクッションカバータイプのも好きだなぁ、数年前にカバータイプのものが2枚組みでオクに出品された時なんか、どうしても欲しくなって落札しちゃった事もあったりします。
でも未だに1度も使えていなかったりする。例によって勿体無いとゆう気持ち以前に中に入れる座布団そのものを用意できないとゆう理由もありまして…ね。
だって55×59cmサイズで大きめ(イエ通常の座布団サイズではあるのだけれども)なんだもの、用意できたとしても置き場にも困るとゆう…ダメダメ↓
 
fukubukuro3maiちなみに私の福袋コレクション⇒
左上の福福ダヤン柄のが落札した座布団カバー。
左下の雷神ダヤン柄と右側の猫だるまダヤン柄は、
友人が代理購入してきてくれた巾着タイプ
(その節は本当にありがとうでした!)。
普段たたんでしまっているのでたたみシワがキッチリ…。
いずれ有効に使えると良いのですが(でもわち好きとしては時々眺めてるだけでもシアワセvだったりもする)。

年越しそば

tosikosi soba 「WachiField NEWS’05 No,01」掲載






こんな時でしか使わない、わちふぃーるどの食器「風神雷神多用椀」を引っぱり出してきました。
ちなみに一緒に使っているのは「風神雷神お盆」「風神雷神れんげ」「風神雷神はんかち」と一揃えしていましたが、これ1セットのみでしか購入してなかったよねぇ。
本当はお椀も黒色のも発売されていた事ですし、2セットで欲しかったのだけれど、資金不足している内に品切れになってしまいましたよ↓ くすん。

そんなこんなで06年の暮れも、N○Kの除夜の鐘の音を聞きながらお蕎麦をススッておりました。
その前にはお寿司やらおやつやら食べていて、すでにお腹いっぱいになっていたのですけれどね、でもお蕎麦を食べずには年を越せませんて!<ただ食い意地はってるだけでは…。

それでは、友人・家族・このブログを見にきてくださった皆様、今年も大変お世話になりました。
また来年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

Eurocka Festa

わちふぃーるどの世界では、クリスマスは“ヨールカ”と呼ばれる最大のお祭りとされています。
雪の神が目覚め、古い魔法を呼び覚まし、年に1度わちふぃーるどと外の世界とが繋がる日です。
この日にダヤンもアルス(地球)からわちふぃーるどの世界へやってきたのです。

…と、普段グッズ収集の方にばかり気を入れてないで、たまには基本の物語世界へ思いを馳せるのも良いかもしれませんね。
最近では長編シリーズ6冊目の物語「ダヤンと王の塔」も発売されたばかりです。
でもすでに購入しているのだけれど、まだ読めてはいなかったり↓。
いやでも読み始めたら、きっと一気に読んじゃうのだろうけれど。

前置きは関係無くなってしまったけれど、今回は恒例の四季イベントグッズのお披露目です。
santa dayan&iwanヨールカフェスタイベント景品のフィギュアスタンプです。
イワンの顔が前に長いせいか、横向きに入れられているのがご愛嬌(?)
赤と緑の組み合わせって自分の好きな色なので、クリスマスカラーって目が惹き付けられちゃうのだよなぁ。
今回はIYA店では欲しいグッズが揃っていなかったので、通販での購入となりました。
お店で買えたらポイントカードを満了にできたのになぁ、残念。

ヨールカイベントの前に、直営店等ではダヤンくじなるミニフェアなぞを開催していたようです。
県外在住の友人が、たまたま仙台店へ行った時に開催していたらしく、その時に貰った景品を写メで送ってくれたので、一緒にご紹介します。
santa dayanクリスマスオーナメントなのですよ。
確認をとっていなかったけれど、どうもコレは04年に発売されたSWEETSオーナメントのお人形なのではなかったかと。
中が空洞になっていて、キャンディが入っているのだけれど、食べ終わったら貯金箱としても使えますよ、とゆうスグレモノ。
後ろに穴が空いてませんか?(ここで訊くのかよ)
写りがキレイですね、写メありがとうでした~っ♪

◆◇◆後日情報◆◇◆オーナメントはやはり後ろに穴が空いていて貯金箱仕様となっているそうです。Tさん情報ありがとうでした~♪◆◇◆◆◇◆

ヨールカつながりで、最後にあともう二つだけご紹介しちゃいます。
06Anniversaryアニバーサリープレートブーツグラスです。
プレートは毎年のクリスマス(ヨールカ)の恒例グッズで、私は97年から買い始めていたので、今年のでちょうど10枚目になりました。
完全にコレクション品として購入しているので、どれも未だに使用したり飾る事もした事がなかったりする。
飾るくらいはしてみたいのだけれどね~、その前に部屋を片つけろとゆう課題が…あうあう
手前に写っているグラスは数年前に購入したものなのですが…、アレ?これは何年に発売されたのだったっけ?カタログで探せないぞ、アレレ~??
えっと、おそらくは02年の冬あたりだったのじゃなかったかと思うのだけれど…、確認できないや↓(どなたかご存知ないですか?)
形が気に入って購入したのだけれど、もしかしたらまた柄違いで翌年以降にも発売したりしないかなぁと期待し、とりあえず1個だけ購入していたのですが、結局あれからブーツグラスは復活されないまま現在に至っているのよねぇ。
あんまり人気無かったのでしょうか?私は好きなのだけれどなぁ、もう1度発売して欲しいわ~(1個だけって寂しいしさ)。

はぴばすでぃ Eve Eve♪

我家では近年はクリスマスケーキを23日に受け取るようにしています。
今年も3種類のケーキ(ホールで)を取り揃えました。
何故3つも購入するかって?それは販売ノルマを…以下略。や、いくらでも食べれるからまだ良いけどさ
“クリスマス”を特別祝う気持ちなどありませんが、23日は私の好きなアーティストの誕生日なので、心中で密かにお祝いをしつつケーキを食べてました。
《12月23日生まれだからファンクラブの名前が「EVE EVE」で。今年で活動20周年であった男性アーティスト。と聞いてピンときた方はお友達です♪》

さてやっぱりしっかり、わちの食器を使用したので写メ撮ってみました(笑)
tachiel pot&cup2「タシルポット」「タシルC&S」「タシル'03プレートM」
以前紹介したワイングラスと同じタシルシリーズの食器です。
お皿に乗ってるのは生カスタードフルーツケーキ
激美味でしたv



tachiel pot&cup「タシルポット#2」「タシル'03ティー&ソーサー」「タシル'03プレートM」
ケーキは生チョコクリームケーキ
こちらも美味ですv


どちらの画像でもプレートだけは同じ物を使用していますが、ポットとカップは形の違う物を使用しています。
《写メ撮る為だけに出してきたので、ポットは実際には利用しなかったのだけれども。ちなみにカップに注いでいるのはウーロン茶なのでした。》
実は見ため意外にも違う箇所があったりします。それは底に書かれているロゴマーク。
上の画像の食器はプレート以外は10年以上前に購入したもので、底に「This product has been made in memory of 10th anniversary of Wachifield」と書かれています。
対して、下の画像の食器は03年に復刻されたもので、底には「Tadhiel (タシル)」と大きめの文字と「Wachifield 1993~2003」等の文字でシンプルに書かれています。
cup ura mark右の小さい方がC&Sで左の大きい方がT&Sです。
T&Sの方が大きめなのでソーサーの方には、真ん中の円にイラストがプリントされています(C&Sのソーサーには描かれていないのですよ)。
《やっぱりボケていて見辛くてすみません。私写メ撮るのヘタだなぁ↓》

“10th anniversary”の食器は、むかし盛岡のお店で見つけたのですが、購入する時にC&SのとT&Sのと、どちらの方を買おうかずいぶん迷っていたものです、母(購入者)が。
結局はC&Sの方を購入したのだけれど、本当は大きめのT&Sも捨てがたく思っていたので、03年に復刻した時は嬉しかったですね~。ちなみに復刻版のは私が購入しましたよっと。
タシルシリーズは他に、ブリキ製のランチBOXやトレイなんかもあるのですが、まぁ柄は同じなのでまたいずれ機会があれば紹介しちゃうかもしれません。
うん、誰も期待していないだろうけれど、自分が楽しめるうちは続けるんだな。




これっくらいの、おべんっとばっこに♪

前回に引き続き、Myお弁当箱たちを調子付いて写メしまくってみました。
全部これまで使用してきた物です。思っていたより数は少なかったかなぁ。
ほとんどはどこかしら不具合になってしまっているので、もう一度使うには無理があるのだけれど、捨てるのには忍びなくて今までずっと保管し続けていました。
…が、もうそろそろ潮時かもしれないと思い、ブログに写メを残して本体は思い切って処分してしまおうかと考えました。
勿体ないのだけれどね、でも何処かで踏ん切りをつけないと何時まで経っても部屋が片つかないのですよ、何せ思いっきり混沌(カオス)っているもので…↓
うんでも箸箱セットだけは、まだ当分保管しておくつもりなのだけれどね~(あんまり場所とらないし)。
それでは以下にザラッとご紹介なぞを。

udekumi ohasi…って、お弁当箱無いやん。 ⇒
確かにこの時はお弁当箱は購入していなかったのだけれども、お弁当関連モノとして一番最初に購入したのが、この定番イラストのお箸とランチクロスだったのです。
名前もごくシンプル「ダヤンナフキン・紺」「箸箱セット・ダヤン」
私が持っているカタログでも一番古い「1995 Spring&Summer」号に掲載されています。
クロスは染みが付いちゃってるし、箸も紺色の本体に白文字でロゴが入っていたのが消えそうになっているのだけれど、コレは両方ともまだ保管しておくつもりです。

kaeru obentobako「レイニーお弁当箱W長丸」「レイニー箸セット」
これは「1996 Spring&Summer」号に掲載されたもので、初めて購入したお弁当箱になります。
画像では分かり辛いだろうけれど、上蓋横には3匹のカエル、箸箱には一輪車乗りしているダヤン、お箸にはそれぞれカエル1匹ずつ描かれています。
同シリーズのナフキンも購入していたけれど、そちらのはお弁当包み用とゆうより普通にお手拭用のように薄い素材だったので、専らお手拭用として使用していたような気がします。

hotel ohasi「ホテル柄ランチクロス」「ホテル柄箸箱セット」
「1997 Spring&Summer」号に掲載。
この時にお弁当箱を購入しなかったのは“2段式”のモノは発売されていなかったからだったりします。
(大・中・小と食品保存用タッパーみたいな型のお弁当箱が揃って発売されていました)
代わりにとゆうか、同シリーズのランチバックの方を購入してました。
でもお弁当入れとしてではなく、ハンカチ入れとして現在も使用中であったりしています。

soup obentbako「スープ柄弁当箱二段」「スープ柄箸箱セット」
「1998 Spring&Summer」号に掲載。
実はランチクロスも欠かさず毎度購入しているのですが、この頃以降からはクロスは未使用のまま保管しておくようになっていました。
一度シミが付いてしまうとなかなか消せないので、つい使用するのに抵抗を感じるようになってしまったようです。
使わないでいるのも勿体無い、とも思うのですけれどねー。

ringotori obentbako「りんご柄弁当箱二段(A)ワイド」「リンゴ柄箸箱セット」
「1999 Spring&Summer」号に掲載。
この時は二段式のお弁当箱が「(B)スリム」ともう1種類発売されていました。
容量的には大して差が無いように思えるのだけれど、私は何故こちらのを選んだのだったけかなぁ? 形はBの方が好みなような気がするのだけれども。
Bのより百円安かったからかしら? ありうるかも…。

babyagain obentbako「BABYランチBOX2段」
「2000 Spring&Summer」号に掲載。
中蓋にお箸が付属されているので、この時は箸箱セットは購入していません。
画像を良く見ればお分かりになると思いますが、上蓋の羽(?)の手前側の止め具部分が壊れて外れてしまっています。
横でロックする型のって、うっかりと壊れ易い…もとい、壊易いのよね~。
粗忽者なもので…↓

cafe obentbako「カフェダヤンランチ2段ベルト」「カフェダヤン箸セット」
「2002 Spring&Summer」号に掲載。
同時に2段式だけれども横でロックする型のも発売されていましたが、また壊しちゃわないかと不安に思ったのか、ベルト式のを購入。
でもベルトで押さえるのにも不安感があったので、専らハンカチで包んで使用していました。

itigotumi obentbako「いちごつみランチ2段」
「WACHI FIELD NEWS '03 No.01-B」に掲載。
こちらもお箸は付属されていたので箸箱セットは未購入。
付属用のお箸は無地である場合が多いのだけれど、これには模様も描かれていたのが何気に嬉しい仕様となっています。
この時のランチクロスが地が赤いのと白いのとで2種類発売されていて、どちらを購入しようかちょっと迷ったのだけれど、最後は白地のに決めたのだったなぁ。

―――と、以下は前回紹介分へと続いてゆくのでした。
基本的に1年ごとに購入していた訳でしたが、途中気付かれたかもしれませんが、2001年の時には購入していなかったのですよね。
それは何故かと言いますと、その頃はプーだったから、です。ははははは↓
そりゃお弁当箱なんて必要ないやねぇ。
ちなみに01年のはダヤン柄とマーシー柄のと2種類で、それぞれにクロスやバック等シリーズで発売されていました。
そして必要が無くとも、ちゃっかりクロスだけはコレクションとしてそれぞれのを購入したりなぞはしていました。
それから前回に欲しいとボヤいていた木苺シリーズのも、やっぱりクロスだけは購入してあるのですよ、これも赤地と白地と2種類あった内、結局また白地の方を購入しちゃっりして。
それでもって来年の07年にも、1月には新シリーズが発売される事となっています。
それもお気に入りの「黄昏遊園シリーズ」のですよ!
クロスはまたもや2種類で白地と紫地とで発売されるようです。
う~ん、また迷っちゃうよ~っ(汗)

ハラにもハートにもガッツリ系

私がコレクションしているグッズは、観賞用としてただ保管しているだけのモノが多かったりするのだけれど、ガッツリ使用する目的で購入しているグッズもあったりします。
お馴染みのわちふぃーるどグッズでも、お弁当箱はそのガッツリ使用系として購入しています。
お弁当箱は、もう10年はわちふぃーるどモノだけを使っているのじゃないかなぁ。
最近また新しいお弁当箱とチェンジしました。 
コチラ↓ まだ使用前
angel obentobako エンジェルダヤンランチ2段
 「WACHI FIELD NEWS ’04 №06-C」掲載
 上下段の仕切り蓋部分にお箸が付属されています。
 使用後は下段に上段を収納してコンパクトにできるタイプ。
 容量も上下合わせて670ml詰めれる満腹サイズ♪

コレは購入してからもう2年は経っているのだなぁ、前回のが妙に長持ちしたし使い易くもあったので、なかなかチェンジできなかったのだけれど、ようやく日の目を見る事となりました。
これからのランチタイムのお供です♪

そしてコチラが前回の使用品、これまで使用したお弁当箱の中でも、一番愛用してきたと言えるかもしれない。
↓長期間使用の為に多々傷など有
yotuba obentobako 四つ葉パンランチフォーク付二段
 「WACHI FIELD 2004 Spring & Summer Catalog」掲載
 フォークが付属されていたものの、先が丸すぎてモノを刺し辛い為
 お箸(別売り)を使用していました。
 ゴムバンドも付属されていましたが、コチラも未使用状態。 
 上下合わせて620ml容量の、腹八分目(?)サイズ。
フォークを設置しておく板ごと取り払っちゃて、もっぱらお箸ばかり使用していました。
今回はその箸箱の蓋が頻繁に外れ易くなってしまった為に、限界(自分の忍耐力の)を感じてきてのチェンジとなったのでした。
うん、箸箱の蓋なのだからさ、簡単にツメ穴に嵌め直せるしまだ使用可能ではあるのだけれどさ、洗い物したり何かの拍子ですぐに外れちゃうのでイライラしてしまってどうにもね~。
2年位は使ってたのじゃないかなぁ、もう充分にお役目を果たしたと言えるよね。

お弁当箱はほぼ毎年発売されていたから、また来年もきっと新しい柄が発売されるのだろうな。
今年なぞは1月に木苺シリーズとして、ランチクロス・ランチバッグやらと共にお弁当箱も発売されたのだけれど、6月にも同シリーズの新しいグッズと一緒に、新たにバージョンupした2段式お弁当箱が発売されたのだよね~。
1月発売のものと6月発売のものとは、何がどう違うのかと言いますと、
 商品名 : 木苺ランチ2段 ⇒ 木苺優れたランチ2段
 価格(税込) : ¥1,155 ⇒ ¥1,785
 性能 : フタとシールブタをはずして電子レンジ対応 ⇒ フタをしたまま電子レンジOK! さらに 食器洗い乾燥機でも使える!
…別段チンするのにフタをはずすくらい面倒ではないし、食器洗い機なんて便利な機器も我家には無いですし、それ位の性能の差なんて低くても気にはしませんから、なるべく価格は高くしないようにして欲しいのだけれどなぁ…。《相変わらずのビンボー人思想↓》
でもこの商品の型は四つ葉パンと同形式の、お気に入りの型なのですよ、付属しているのもお箸だし、私的に使い易そうな点では評価しているのです。
未使用にしていたエンジェルダヤンランチがあったから、今年のは購入していなかったのだけれども、実はめっちゃ欲しかったりするのさ~。

ボ●ョレー2006

今月16日に解禁となったボジョレー、我家でも1本購入してました。
別に家族の誰かがワイン通な訳でもないので、こだわりもなく1番安いのを選びましたよ。
《何故購入するのかって?それは販売ノルマをこなす為だからさ…。ぼそっと愚痴》
昨日から一晩冷蔵庫で冷やし、今日の夕食後にいただく事に。
ここでせっかくなので、ずっと箱に入れて仕舞いこんだままだったワイングラスを使用してみました。

061117_2051~001.jpg
 じゃじゃん!
 わちふぃーるどの“タシルシリーズ”のワイングラスです!
 …って、柄がハッキリと見えないぢゃん…orz

 しょうが無いのでいくらか飲んで量を減らしてから1個撮りで。

061117_2105~001.jpg061117_2108~001.jpg

1枚目よりはマシとはいえ、
まだぼんやりとしか写らないですね…あう。

左が正面から、右が裏面上方から。
予想はしていたけれども、
赤ワインには今ひとつ映えにくい柄、かも…。

このグラスは「WACHI FIELD NEWS ’03」の№11-Aに掲載されていたもので、同時期に同シリーズでデキャンタとキャンドルグラスも発売されていました。
どれも微妙に絵柄が違っているので、全部のアイテムを揃えても楽しめるものでしたが、私はとりあえずワイングラスのみ購入していました。
先に発売されていたタシルシリーズの、プレートやカップ&ソーサーやポット等とも、またガラリと模様のテイストが違うのがミソなのでしょうか、でも基調の色は同じブルーなので統一感はありそうです。

現在はタシルシリーズの食器類は、通販ではもう在庫が無いようなので残念なところ。
でも割と最近まではあったような気がするので、店舗によっては在庫の残っているお店もまだあるかもしれませんね、欲しい人は頑張って探すべし!
一応同じシリーズとして、立体的に組み立てられるボックスカードはまだ通販でも残っているようでしたので、ご参考までにチェックしてみるのも良いかもしれません。

…って、~ええと、肝心のワインの味はどうだったかって?
そうですね、酸味が効いていてほんのりと…とゆーか、個人的にはすっぱいと感じました。
いやだって私、ワイン好きでも通でも何でもないですもの。
私はとにかく甘いものが好きなので、安くったっていい、ほんのり甘いのがいいのよぅ。
なので、ボジョレーを1杯飲み干した後で、安くて甘いワインも1杯飲み干し、お口直しにチョコレートと日本茶をいただくとゆう、無粋なマネをしてしまいました。《あるイミ暴飲暴食?》
そんなお上品なワインの飲み方なんて知らないわな。

はい、すみません。ボジョレーに託けてわちのワイングラスを使いたかっただけです。

ミニ版画展

チビクロパーティのお知らせハガキには四季イベントの他に、IYA店にて「ダヤンのミニ版画展」を開催するとのお知らせがありました。
通常では販売しないイベント限定グッズも販売するとのこと。
こんな田舎のお店では、そんなイレギュラーなイベントなんてやってくれないのじゃないかと思っていたですよ。
え~、どんなグッズ用意してくれるんだろう?
開催期間は9/29(金)~10/8(日)で、ちょうど29日がお休みだったのでいそいそと出掛けてしまいました。

IYA店はファンシーな生活雑貨やキャラクターグッズ等を扱う雑貨屋さんで、わちグッズもその中の一角にあります。
普段わちグッズを配置している棚の一面を利用して版画やグッズが並べられていました。
“ミニ版画展”と言っているだけに、版画そのものの数は僅かに6種類のみ。
数も少ないし、HPのネットショップでも見た事のあるイラストだったけれど、せっかくなのでつらつらと観ておきましたよ。

それから期待のイベント限定グッズ。
主に“EVエンジェルダヤン”シリーズの食器や手提げバッグ等の商品が並べられていました。
う~ん、カワイイけど、カワイイのだけれど、可愛らしすぎてちょっと幼稚っぽいイラストなのよねぇこれは(あくまで私の主観ですが)。
お色も淡いピンクのとブルーのとで2種類あるのだけれど、これがベビー用の服やグッズに描かれているのだったら良さげなのじゃないかと。
他にも同じ“エンジェル”モノでも、別バージョンのも置いてあって、金と銀の線で描かれているシリーズのは好みなモノでした。
でもこれらのグッズはヤフオクでもすでに度々見かけてしまっていたので、何だか目新しさを感じる事ができなかったなぁ。
こんな風に、小さいながらもイベントをやってくれるのはありがたい事なのですけれどねぇ。
《本当ならもっと感謝の気持ちを示さないとだろうのに、何だか不遜な感じじゃないか自分。ごめんなさいです、感謝してるんです。今後ももっと限定グッズ販売とかのイベントやって欲しいです。お願いします~っ》

せっかくなので、限定グッズので何か購入しようかと、コップを金銀ペアで揃えようかなとさんざん悩んだあげく、結局は通常販売されているグッズを購入してきてしまった。
だって、例え限定モノでなくとも欲しいグッズはいっぱいあるのよ~。
お買物額に合わせて貰える景品が用意されていて、今までの四季イベント等で配っていた景品が色々と揃えられていました。
その中から今回のチビクロパーティ景品のもう1種、キャラマグネットをいただいてきました。
版画を購入された方には、景品を沢山詰め合わせていただけるようでしたが、このイベントで版画を購入された方っていたのかなぁ。
一番小さい品物でも3万円台するものだなんて、私には買えないよ~。

061001_1021~001.jpg

  スタンプフィギュアの元になっているイラストです。
  押すと、ぷにっとします。
  侮れない磁力を発揮しています。
  冷蔵庫に飾るのが良さげなカンジ?
  《でも私は開封しないけど。<お約束》


Chibikuro Party

ネタとして遅くなっちゃったけれど、わちの四季イベントチビクロパーティの景品をupしてみました。

061001_1016~001.jpg
 右がチップ(ダヤンの影)で左はジタン。
 どちらも楽器を弾いているのが“芸術の秋”の時期としてイイカンジv
 ジタン側には小さなカード?が入っているのでちょっと見辛いかも。
 



イベント期間はわちHPの公式としては9/15(金)~25(月)となっているのですが、お店によっては違うところもあるので、イベント通知ハガキが届くまでそわそわしながら待ってしまった。
ハガキをくれるとしたら(前回に近場のお店が撤退してしまったので)市外にあるお店(以下IYA店とする)しかないのですが、そのお店から15日に漸く届いたのでホッとしたですよ。
実は『もしや顧客リストから外されてしまっていて、もう送ってくれないのでは?』なんてな心配までしてしまっていたので。
だってイベント通知ハガキだって、立派にコレクションアイテムなんですもん、貰えなくなってしまうと悲しいのです~。 《そう思っているわちファンは多いはずだ。》
今後も顧客リストから外されないように、お買物はなるべくネットショップではなくて、IYA店での購入に務めなくっちゃだなぁ。
ただIYA店でも品切れor見入荷なんかで購入できない場合は、やっぱりネット通販に頼るしかない時もあるのだろうけれどね~。
インフォメーション
★ ☆ ★ オススメ通販 ★ ☆ ★

yotuba mini 四葉天使
 designer : Ato

アクセスはコチラからどうぞ♪

現在は、クローバー柄、うさぎ柄、黒猫柄と3種のイラストそれぞれのグッズが色々と作られております♪
それぞれに味のある作品ですので是非見てみてください♪
コチラ⇒四葉天使

インディーズブランドを取り扱っている
「ドロップショッピング デザインストア」にて販売されております。
他のアーティストさんの作品を眺めるのも楽しいですよ。
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ねこのて時計
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
プロフィール

ナコ

Author:ナコ
[生息地]
  北国のリンゴ特産地
[誕生日花の花言葉]
  いじめないで
[座右の銘]
  笑う門には福きたる
 ( 裏 : 笑って流せ )

RSSフィード
オバケちゃん
迷い人さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。